スロットマシンに賭けられる金額は?

この質問に対する答えを得るためには、まずスロットマシンの全体的な仕組みを理解する必要があります。

スロットマシンには、マシンが稼働していない時でも常に数字を生成し続けるマイクロコンピューターが内蔵されています。このマイクロコンピューターは、乱数発生器(RNG)と呼ばれるものです。

そこで生成されたランダムな数字は、マシンの各リールのポジションに対応しています。プレイヤーがハンドルやレバーを引いたり「スピン」ボタンを押したりする時、そこで起きているのは単なるリールの回転です。そしてマシンは、RNGが最後に生成した数字のセットに対応するリールのポジションを表示します。

これは、スロットマシンについて長く考えられてきた仮説を明かすために知っておくべき重要な事実です。スロットマシンはルーレットのホイールと同じく、1プレイごとに完全にランダムかつ別々の結果になるわけです。

100分の1秒というタイミングを狙ってレバーを引いたりスピンボタンを押したりしても、スロットマシンが狙った通りの結果を出すことはありません(それはランダムな数字のセットにすぎないのです)。

そのため、ほんの1分前に席を立ったマシンで誰かが大金を獲得するのを目にしても、「しまった」とガッカリする必要はありません。それはコンピューターがランダムに生成した数字にすぎないからです。

ランダムな数字が使われることで、結果の予想は全くできないので、スロットマシンに確実なペイアウトを期待することはできません。還元率は、長期的な視点で計算すべきです。しかし、その確率も数千分の1なので、数字自体には何の意味もありません。

スロットマシンでは何日プレイしても全く当たらないこともあれば、1日で2回も大当たりが出ることもあります。

スピードを上げてプレイすると勝率を上げられるという考えにも根拠はなく、逆に無駄にお金を失うだけでゲームを楽しむことすらできません。運まかせのゲームなので、誰もが数千に1つの当たりを引くということはできないのです。

RNGはスピンごとに数千という数字を生成します。最速のプレイヤーでもコンピューターのスピードに勝つことはできません。

どれだけのお金を投入しても、何回レバーを引いたり「スピン」ボタンを押したりしても違いはありません。結果は常に、マシンの中のコンピューターが生み出す乱数によるものなのです。

この仕組みを考えると、スロットに賭ける金額は、失ってもいいお金、もしくはゲームに使うつもりだった予算の範囲内に収めることをおすすめします。そして予算を使い果たしたら、そのゲームセッションは終了するべきでしょう。

スロットマシンは、高い確率のペイアウトが期待できるゲームではありません。そのため予算の大部分をスロットに割くのではなく、スキルが求められるテーブルゲームにより大きく予算を当てることを検討しましょう。マイクロコンピューターがベースであろうと、スロットマシンをとにかく存分に楽しみたいのであれば、もちろんそれに予算を全て費やしても構いません。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *